転勤妻のうつ病

看護師

転勤族の夫を持っている女性のうつ病が多くあります。住む場所の環境が短期間で変わってしまうため、なれるまでにストレスを感じやすいことや、人との繋がりが無くなってしまうということがあります。わかっていて結婚しても正直辛いということもあるはずです。転勤先が職場である夫に対して、妻は夫が転勤族という事を理由に正社員で働くこともできません。ですので、人とのつながりができにくく孤独を感じやすいのです。また、転勤族の夫は仕事も忙しいことが多く、夫もあまりかまってくれないというストレスを感じている場合もあります。その様々なストレスをきっかけにうつ病を発症してしまうことも多いのです。ではそんな転勤族の妻がうつ病にならない為にはどうしたら良いかチェックしていきましょう?

まずはじめにできることは、生活習慣を整えることです。仕事がないからと朝寝坊や昼寝をしていませんか?昼寝をしすぎてしまうと、夜眠れなくなり、自律神経が乱れてしまいます。すると気分が落ち込みやすくなるので、まずは生活習慣を整えることから始めましょう。ここでは生活習慣を整える方法を紹介します。まず、昼寝をたくさんしてしまう人は、昼寝の代わりに運動をするのが効果的です。眠くなってしまったら運動を試してみましょう。また、平日と休日の起きる時間はなるべく同じようにしましょう。体内時計を狂わせない事が生活習慣を整えるコツですよ。また、就寝前にスマホやパソコンを触ってしまうのが癖になっている人も多いですが、就寝時間を脳に知らせるためにも、なるべく控えるようにしましょう。また、寝室の環境を整えるのも効果的です。自分にとって心地のよい空間にすることによって、就寝時にリラックスし早く寝ることができます。このようにちょっとした心がけで、転勤妻のうつ病を予防することができます。生活を楽しく過ごす為にも生活習慣を整えましょう。生活習慣を整えることで気持ちも前向きになってきますよ。